ボノボの友達へ

2001年12月


キンシャサのACC(コンゴ動物の友の会, les Amis des Animaux au Congo, or ACC)保護施設の17頭のボノボの孤児たちのために募金をおよせいただき、本当にありがとうございました。日本のような遠い国の人々が私たちの保護活動を知り、これほどの共感を寄せていただいたことに、心から驚いています。

私たちの保護施設は、できるだけ自然状態に近い環境と、ボノボの赤ん坊や子どもが必要とするあらゆるケアを提供するように努力しています。また、コンゴの人々にもボノボの保護に関心を持ってもらうため、学校の生徒たちを対象とした教育活動を行っています。週に2回以上、生徒たちを保護施設に招いてボノボを見てもらい、子どもたちのふるさとの様子やボノボの生態、行動などについて解説し、生徒たちからのさまざまな質問に答えています。

現在保護施設に収容されている1歳から8歳のボノボたちは、バサンクス周辺の熱帯林で親のボノボたちが食用のための密猟者に殺されたのち、首都キンシャサにつれてこられて路上で売りに出されていたものです。絶滅が危惧されるボノボの商取引は、ワシントン条約でも厳しく禁止されています。しかしコンゴ各地で巻き起こっている内戦の影響を受けて、キンシャサに持ち込まれる孤児の数はここ1年で急増しています。昨年11月からだけでもあらたに7頭の孤児が施設につれてこられています。しかもこの孤児たちは、実際に捕獲されている孤児の氷山の一角にすぎません。

急増する孤児たちすべてに、食べ物や医療ケア、愛情をもった接触の機会などを与えるのは、大変なことです。現在2歳以下のボノボが5頭いますが、彼らは義母役のスタッフが常に抱いていてやらなくてはなりません。施設では今年になってあらたに二人のスタッフを増員しましたが、理想的にはそれぞれの孤児にそれぞれの義母役のスタッフがつかなくてはなりません。孤児たちをまとめて一緒に育てていると、一人が風邪をひくとみんなが一斉に風邪をひいてしまい、大騒ぎです。



こういう非常事態のときであるだけに、みなさんのご厚意は本当に助けになります。17頭のボノボたちとともに、みなさん一人一人に心から感謝いたします。



ミッシェル、マヤ、チカパ、ブカブ、ボエンデ、オシュウェ、マノノ、オパラ、タタンゴ、イノンゴ、セメンドゥア、バンドゥドゥ、ベニ、イシロ、キクウィト、サロンガ、カリナ(以上ボノボ)、クローディン・アンドレおよびAACスタッフ一同