日本のボノボの友達のみなさんへ

2002年6月


コンゴ民主共和国のボノボのサンクチュアリーで私たちが続けているボノボ保護のために、引き続きご支援をいただき、本当にありがとうございます。

私たちはつい最近、ボノボのサンクチュアリーを、これまでお借りしていたキンシャサのアメリカンスクールから、キンシャサ郊外の新しい場所に移したところです。このたび皆さんからお送り頂いたお金は、まさにこの、もっとも支援の必要なときに受け取ることができました。私たちは、この新しいサンクチュアリーを、現地のリンガラ語でボノボたちのパラダイスという意味で、”Lola Ya Bonobo”となづけました。この新しい場所には、ボノボを住まわせる10ヘクタールの囲われた森林と、ボノボの世話や様々な教育プログラムに使えるいくつかの建物、それに、将来必要となったときに囲いを拡張できるさらに10ヘクタールの森林があります。

私たちは現在、22頭のボノボを保護しています。このうちの2頭は、ついこの5月にやってきたものです。もっとも年長の17歳のメスは、これまで15年間他のボノボとの接触なしに個人の家で飼われていたものですが、少しずつほかのボノボの仲間に入りつつあります。3、4歳以下の幼い5頭のボノボたちは、静かな環境ですこやかに成長できるように、まだほかのボノボたちがいる囲いには入れず、スタッフの女性が母親代わりになって世話をしています。囲いの中の仲間も、外にいる赤ん坊たちも、みんな新しい場所を気にいっています。

新しい場所への引っ越しは、ボノボたちにとっても、私たちスタッフにとっても、とても刺激的で楽しい経験でした。ただ、私たちが新たに担わなくてはならなくなった義務や費用はばかになりません。新しいサイトは、キンシャサの町から少し離れたところにあって日々の移動に費用がかかります。敷地内の広い森を管理するスタッフも必要になりました。古い建物をいろいろな目的にあわせて作り替えたり設備を整えたりしなくてはなりません。そして、これまでアメリカンスクールがまかなってくれていた施設管理のための雑務も、これからは私たち自身がやらなくてはなりません。

そんなわけで、この時期のみなさんのサポートは、何よりの助けになりました。私たちは、皆さんがボノボの孤児たちの世話や保護活動に寄与してくださることに、本当に感動しています。何人かの方々からは、もう3度も4度もくりかえして募金をお送り頂いているということも知りました。日本のような遠いところにも、私たちの活動を理解して支えてくださる多くの友人がいらっしゃるということは、私たちにとってなによりの喜びです。そんな私たちの感謝の気持ちをお伝えするために、このメッセージとともに新しいサイトでのボノボたちの様子がわかる写真をいくつかお送りします。

ここにいる22頭のボノボたち、私たちスタッフおよびコンゴの動物の友の会のメンバー、私たち一同、心から皆さんのご支援に感謝いたします。

コンゴの動物の友の会代表

クローディン=アンドレ